PMSサプリ比較

どうしてPMSは起こるの?

PMS(月経前症候群)はカラダにあらわれる症状や
ココロにあらわれる症状が複数あります。

女性特有のホルモンや神経伝達物質が
関わっているのではないかと言われ
いくつかの説がありますが

要因が沢山あり、どれがもっとも影響するのかは
わかっていません。

排卵後の2週間は、卵巣から出るプロゲステロン(黄体ホルモン)という
女性ホルモンが急激に減少する時期です。
特に、この黄体ホルモンの増減の影響が大きいのではないかと言われています。

排卵から月経開始までの黄体期は、黄体ホルモンの働きにより、排泄機能が
低下し、体内の細胞や組織に余分な水分が貯留されます。

月経前に、むくんだり、体重が増えたり、月経開始後に体重が元に戻るという 現象も、体内水分量の変化によるものです。

たとえば水分が乳房にたまれば、張りや痛みを感じますし、脳の近くに たまれば頭痛を引き起こします。

また、体全体に水分がたまることによって、なんとなくだるい感じがしたり、 下腹部に違和感を覚えたりします。

またココロのイライラや不安感などはセロトニンの低下による「血糖値の低下」が要因ではないかと考えられています。

脳内から、各部の神経を刺激するとされている「セロトニン」という物質がありますが、月経前は黄体ホルモンの影響により、このセロトニンが急激に低下することが知られています。

このセロトニンが低下することによって、体内の血糖値を一定に保つことが難しくなり、急激に甘いものが食べたくなったりするようです。

血糖値が不安定な状態になると、脳の働きが弱まり、集中力や記憶力、気力等が低下してしまうのです。

そのため、イライラや憂鬱などの精神的な症状はこの血糖値低下に起因しているのではないかと考えられています。

おすすめサプリメントはこちら

PMSサプリ人気度ランキング 20種類を徹底比較!